Home

福岡の賃貸物件

福岡で安く部屋を借りるには

福岡で賃貸物件を借りる際、最も初期費用が安くなるのは閑散期(オフシーズン)以降からだと言われています。5月〜8月くらいになると福岡で部屋を借りる人が少なくなります。そのため、空き室対策として敷金や礼金を大幅に値下げした賃貸物件が多く出回り始めます。春に借り手がつかなかった賃貸物件の空き部屋が敷金・礼金なしになったり、仲介手数料が半額になったりします。福岡の引越し業界も閑散期になるため、引越費用を安く見積もることができます。就職や進学など引越しをする時期を選べない場合以外で引越しを考えている場合は、夏がねらい目です。

賃貸の初期費用について

普通賃貸物件の賃貸借契約を結ぶと初期費用が発生します。一般的に敷金は2ヶ月〜3ヶ月、礼金は1ヶ月〜2ヶ月分、仲介手数料は0.5ヶ月分〜1ヶ月分です。このほかに翌月分の家賃と入居する月の家賃が日割りで計算された分を支払う必要があります。火災保険に加入しないといけないので、火災保険料も必要です。火災保険料は一人暮らし用のマンションなら15,000円が目安です。鍵交換料が10,000円ほど請求されることもあります。鍵交換料がない場合は大家さん側が負担しているか、鍵を交換していない可能性があります。鍵がそのままだと前に住んでいた人が合いカギを持っている可能性がありキケンです。その場合は鍵を交換しているかどうかを確認することが大事です。